10万円ホームページ制作

複業・フリーランスと会社員のはざま

初めまして、Giskanメンバーの一人Keiと申します。皆でGiskanを立ち上げましたが、私はまだサラリーマンなので日中は会社でサイトの制作やデザインをしています。
ここにGiskanの制作が入ると時間的にどうなのだろう?と考えていましたが、最近それほど切迫した時間管理は必要ないだろうとの
考えにいたりました。

ほとんどの制作者は仕事が終わっても制作の「なにか」をやってる

私やチームの皆も同じなのですが、Web制作は毎日技術との戦いです。一年にいくつかの新しい技術が生まれるので、それらを吸収したり今までのスキルを深めるために
仕事が終わった後に、自分でサイトやデザインを作っている人が多く、ワークショップなどで知見を増やしてる人もいます。
その学習やスキルアップに充ててる時間をGiskanの制作に充てる。

これで、不安がなくなりGiskanを立ち上げようとなりました。

 

複業で働くメリットとデメリット

メリット

知識や経験をフル活用できる – 会社の社内ルールでどうしてもできない事があるのですが、Giskanの場合、気兼ねなく正しいと思うことができる

お互い刺激になる – 友人とはいえ、お互いプロなのでとても緊張感がある

いきなり独立するより金銭的リスクが少ない

直接お客様とやり取りできる – 制作会社によっては受注、打ち合わせは営業がやると決まってる会社もあるのですが、
Giskanは担当したお客様は最後まで担当するのでやりがいがある

デメリット

スキルアップが鈍化する – 学習時間を使っての複業なので、新しい技術を習得しずらい

休みなし – チームにいる制作者は元々休むより仕事したい人ばかり

経験が浅かったら仕事を任せられない

 

全てはスキルアップのために

Webやデザイン制作をする人の多くは、一人でパソコンをずっと触っていたい人が多いのですが、制作スキルよりもっと必要なスキルがあります。

お客様への貢献です。

顧客満足度とでも言いましょうか、これらの実感が実は社員レベルではあまり体験できないことなのです。
もちろん規模感にもよりますが、これから、やっと自分の力だけで、お客様に貢献できると思うと嬉しくてたまらないです。

コメントを残す